フライパンで手作りどら焼き(粒あんと生どら焼き)

和菓子

粒あんを煮て2種類のどら焼きを作りました。

ハンドミキサーで卵を泡立て、はちみつや牛乳を混ぜて生地を作ります。
ホットケーキを焼く要領でフライパンで焼き、あんこを挟んで出来上がり。

生クリームを使えば、お洒落な洋風スイーツに変身します。
シンプルな材料で美味しいどら焼きが作れます、ぜひお試し下さい。

画像を交えながら順に作って行きますので最後までご覧くださいね。
目次から見たいところへジャンプすることも可能です。

スポンサーリンク

材料説明(5個分)

どら焼き(粒あん)

  • 卵 2個
  • 砂糖 70g
  • はちみつ 大さじ2
  • 牛乳 40g
  • 重曹 小さじ1/2
  • 薄力粉 130g
  • サラダ油 大さじ1
  • 粒あん 300g位(市販の物でも良い)

生どら焼きの時

  • 粒あん 100g
  • 生クリーム 100ml
  • 砂糖 大さじ1

生地作り

1.最初に牛乳(40g)に重曹(小さじ1/2)を混ぜ、電子レンジ600wで30秒加熱して溶かしておきます。

2.レンジに掛けるとふわっとします、取り出してから良く混ぜておきます。

3.次にボールに卵(2個)を割り入れ、ハンドミキサーで軽くほぐします。

4.卵がほぐれたら、砂糖(70g)を入れてざっと混ぜます。

5.砂糖がざっと混ざったら湯煎に掛けて、卵が少し温まるまで泡立てていきます。

湯煎とは、ボールより一回り大きめの容器にお湯を張りボールを付け、間接的に温める事を言います。卵液が温まると泡立ち易くなります。

6.どんどん大きな泡が出て黄色からクリーム色に変わりふわっとしてきます。

7.卵液が温まっているか指で確認し、やや温かいようなら湯煎から外し、はちみつ(大さじ2)を加え更に泡立てます。

はちみつがたっぷり入るので風味良く生地が焼き上がります。今回、イギリスのコッツウォルドハニーを使用しました。香りがとっても良く美味しいはちみつです。

イギリスのコッツウォルズ地方のはちみつです。(三越英国展で購入)

8.ハンドミキサーから生地がリボン状に落ちるようになったらOKです。

リボン状とは、生地をすくったときにトロトロとある程度の幅でリボンがひらひら落ちるような状態、落ちた後はリボンが積み重なったように見え、一瞬その跡が残るような状態を言います。

9.次に溶かしておいた牛乳と重曹を入れて良く混ぜます。
※ここからはホイッパーで混ぜていきます。

10.牛乳が混ざったら、薄力粉(130g)を振るって入れます。

11.ホイッパーで生地を下からすくい上げるように混ぜます。
練らないように優しく混ぜていきます。

12.薄力粉が混ざったら、サラダ油(大さじ1)を加えて混ぜます。

13.サラダ油が混ざり、生地がタラタラと落ちるようになったら生地の完成です。
ラップを掛けて室温で30分ほど寝かせます。

ラップをして寝かせます。

生地を焼く

14.30分経つとブクブクと泡が出てきますので、全体を良く混ぜてから焼きます。
フライパンは良く温めたあと、キッチンペーパーで薄~くサラダ油(分量外)を塗り、弱火よりやや強めで2枚ずつ焼きます。

15.お玉の半分くらいの量を取り、直径8~9㎝の丸に広げて2枚ずつ焼きます。
2枚がペアになるので、同じ位の大きさに揃えます。

蓋をすると熱がこもり早く焼けます。

16.ぷつぷつと気泡ができてきたら、先に焼いた方からフライ返しでひっくり返します。
表面がまだベタベタな状態ですがこれくらいで丁度よいです。

インスタで生地をひっくり返すシーンを動画でアップしています。是非、その時の様子をご覧ください。(こちらをタップすると、インスタの投稿ページにジャンプできます。)

17.こんがりと焼けました。

18.ひっくり返したら、蓋をして少し焼いたら出来上がりです。

生地の上から指で軽く押してみて、やや弾力があれば焼けてます。

19.焼けたものは硬く絞った濡れ布巾をかけて冷まします。

仕上げ

20.生地が冷めたら、ペアの生地をラップを敷いた上に乗せ、粒あんを50g位のせて合わせたら、ラップで包んで出来上がりです。

21.どらやきの完成です。
ラップに包んであるので、食べたい時に直ぐに手に取って食べれるのも良いです。

粒あんは市販のものや缶詰めの茹で小豆を小鍋で煮詰めて水分をとばしたものでもOKです。
あんこの煮方も紹介してます、粒あんはとても簡単です。

アレンジ編~生どら焼き

生どら焼きの時は、生クリーム(100ml)に砂糖(大さじ1)を入れて硬く泡立て、粒あん(100g)を混ぜたものを挟みます。

ボールを氷水で冷やしながら、生クリームをしっかり泡立てます。

粒あんを生クリームと良く混ぜ合わせます。

お好みで粒あんの量を増やしてもOKです。

粒あんクリームを乗せてます。

ラップで包んで出来上がりです。

ティータイム

粒あんと生地の組み合わせが最高です。
飽きの来ない和のスイーツの定番です。

生どら焼きはフワフワで、洋風スイーツになります。

ミントの葉を入れ、熱いダージリンを注ぎミントティーにしました。
ティーカップを口に運んだ瞬間、爽やかな香りが鼻を突き、ダージリンの奥深い香りと融合し優雅なお味となります~

使わなくなったティーポットに庭のバラとビオラを飾ってみました。

一度には食べきれませんので、ジップロックなどに入れて冷凍保存もできます。

最後に

手作りどら焼きいかがでしょうか。フライパンで手軽に作れます。

材料はとてもシンプルです、生クリームと粒あんを合わせた生どら焼きもびっくりする美味しさです。粒あんも簡単に作れますので、ぜひお試し下さいね。

最後までご覧いただきありがとうございます。
インスタでも投稿してますので良かったらご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました