紅玉で本格的な手作りアップルパイ

焼き菓子

りんごの美味しい季節です、紅玉を使ってアップルパイを焼きました。
アップルパイは、りんごの季節に作りたい焼き菓子NO.1です。

本格的にパイ生地から作ります。
甘酸っぱいりんごとサクサクなパイが深まりゆく秋のティータイムにピッタリです。

ご紹介するレシピは、

  • パイ生地作り
  • りんごの甘煮
  • パイ作り(焼成)

の3工程となります。

手作りのアップルパイは格段に美味しいです。

画像を交えて順に作っていきますので最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

材料説明

3つの工程ごとに材料を紹介します。

パイ生地

  • 薄力粉 200g
  • バター 140g
  • 水 100ml(1/2カップ)

りんごの甘煮(フィリング)

  • 紅玉りんご 4個
  • 砂糖 160g(りんご1個に30~40g)
  • バター 10g

パイ作り

  • 強力粉 少々(打ち粉用)
  • 卵黄1個+水大さじ1(艶出し用)

パイ生地作り(織り込みパイ)

1.振るった薄力粉(200g)の中に角切りにしたバター(140g)を入れ、スケッパーでトントン切るように混ぜていきます。

バターの塊が残る位でOKです。

2.水(冷水が良い)1/2カップを入れ、ざっくりと混ぜていきます。

3.生地をまな板や台の上に乗せ、めん棒で軽く押しながら平らにします。

4.スケッパーを使い生地を三つ折りにします。

5.生地をめん棒で伸ばして三つ折りにする作業を3回くらい繰り返したら、生地をポリ袋に入れ冷蔵庫でしっかり1時間休ませます。

バターや粉はまだ完全に混ざってない状態ですが、大丈夫です。

生地をポリ袋に入れます。

6.生地を1時間ほど冷蔵庫で寝かせたら、更に、生地をめん棒で伸ばして三つ折りにする作業を3回繰り返します。

冷蔵庫で生地を寝かせるとベタベタせずに上手に生地を作れます。バターが固まるため作りやすくなるのです。

ポリ袋を切って開き、2枚のポリ袋で生地を挟みながら伸ばしていきます。

ポリ袋2枚で生地を挟み、めん棒で伸ばしていきます。

ビニールと生地が張り付くので、時々ビニールをはがし空気を入れながら伸ばします。

三つ折りにした生地は、90度回転させて伸ばしていきます。

生地がなめらかになりました、パイ生地の完成です。
三つ折りにして冷蔵庫で休ませておきます。

りんごの甘煮

7.次にりんごの甘煮を作ります。
りんごは皮をむき8等分にします。

8.フライパンにバター(10g)を溶かし、りんご(4個分)と砂糖(160g)を入れ煮ていきます。

強火で混ぜながら煮ます、砂糖が溶けてきたら中火にします。

煮汁がどろどろと煮詰まったらフィリング(詰め物)の完成です。

パイ作り

9.まな板や台に打ち粉(強力粉)をし、めん棒で生地を伸ばしていきます。

10.パイ皿よりたっぷりと大きく生地を伸ばし、パイ皿にかぶせます。
パイ皿に生地をかぶせ余分な生地は包丁でカットします。

11.カットした生地は綺麗に重ね打ち粉をして伸ばします。

12.パイ皿と同じくらいに伸ばしたら包丁で2㎝幅にカットします。

13.パイ皿の生地にフォークでピケします。

フォークで穴を開けることにより火の通りを良くし、生地の膨らみを抑えます。

14.りんごの甘煮を入れ、卵黄(1個)に水(大さじ1)を加えた卵液を生地の淵に塗ります。

15.2cmにカットした生地をりんごの上に乗せ交差させます。

互い違いの編み編みにする場合は、こちらのように画像のようになります。

※別に焼いたアップルパイの写真(皮を一緒に似るとりんごピンク仕上がります

りんごの皮にはペクチンが含まれていますので、一緒に煮るとフィリングがトロッと仕上がり、りんごに色が付いて綺麗に仕上がります。 

交差してパイ生地を乗せると、焼いた後の仕上がりが綺麗になります。
※味や食感に差はありませんので、どちらでも大丈夫です。

オーブンで焼成(190℃で約50分)

16.周りにも生地を乗せたら卵液を塗り、190℃に予熱しておいたオーブンで50分焼きます。

※オーブンにより焼き具合が違いますので時間や温度は多少調整して下さい。

17.こんがり美味しそうに焼き上がりました。

盛り付け

18.盛り付けて完成です。

サクサクのパイと紅玉りんごがとっても美味しいです。
紅茶が良く合います。

最後に

いかがでしょうか。
手間は掛かりますが自家製アップルパイはサクサクの焼きたてを食べれますので、とっても美味しいと感じるはずです。

紅玉りんごがお勧めですが、手に入らない場合はりんごを煮る際にレモン汁を加えると酸味が付き美味しく作れます。

またパイ生地が面倒でしたら市販の冷凍パイシートを使っても美味しく作れますので、りんごの季節にぜひお作りになってみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。

インスタグラムもやっていますので、良かったらお気軽にフォローしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました