小粒のいちごで、いちごマフィン

焼き菓子

ジャム用の小粒のいちごを使いマフィンを焼きました。
いちごパウダー入りの甘いアイシングがいちごの酸味と良く合い、とても美味しいマフィンになります。

春先は小粒のいちごが出回ります、ぜひフレッシュないちごでマフィンを焼いてみて下さい。

画像を交えて順番に作って行きますので最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

材料説明(マフィン5個分)

  • バター 80g
  • 砂糖 70g
  • 卵 1個
  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 牛乳 60ml
  • 小粒いちご 15~20粒
  • アイシング用 
    ・粉糖 50g      
    ・いちごパウダー お好み      
    ・水 大さじ1弱

イチゴパウダー

100均のセリアで購入しました。
無くても良いです、お好みで使ってください。

マフィン型

こちらも100均に売っているものを使いました。

準備

1.いちごは洗ってからへたを取り、水けをふき取ります。
薄力粉(100g)とベーキングパウダー(小さじ1)は一緒に振るっておきます。

生地作り

2.バター(80g)は常温に戻しておきます。
ホイッパーで柔らかくなったバターを良く混ぜます。

冷蔵庫から出したてのバターを使う時は、時短テクニックとして電子レンジの解凍機能で様子を見ながら柔らかくします。温めではバターが溶けてしまうのでご注意下さい。

3.砂糖(70g)を加え、白っぽくなるまで良く混ぜます。

4.卵(1個)を割りほぐして、2回に分けて混ぜ合わせます。

良く混ぜます。

5.2回目の卵を入れ良く混ぜます。

6.次に常温にした牛乳(60ml)と振るっておいた粉類(薄力粉、ベーキングパウダー)を半量ずつ交互に加えて、その都度良く混ぜます。
まず牛乳を半量ほど加えて混ぜます。

次に粉類(薄力粉とベーキングパウダー)を半量ほど加えて良く混ぜます。

粉類を混ぜてます。

次に残りの牛乳を加えて混ぜます。

最後に残りの粉類を混ぜます。

7.生地が完成しました。次の写真のようになめらかな生地になります。

焼成(170℃で約25分)

8.レードルや大き目のスプーンなどで、マフィン型の7分目くらいまで生地を入れます。

かなり生地が膨らむので7分目くらいで丁度良いです。

9.いちごを上に乗せます。(4~5個位)

10.170℃に予熱したオーブンで25分位で焼き上げます。
オーブンにより焼き加減が違いますので温度や時間は調整して下さい。

11.こんもりと膨らみ美味しそうに焼けました。

仕上げ

12.アイシングを作りマフィンの上にたらり~と掛けて出来上がりです。
粉糖(50g)にお好みでいちごパウダー(小さじ2~3)を混ぜ、お水(大さじ1弱)で良く練ります。

とろとろ~と下に落ちるくらいで丁度良いです。

完成

いちごが余っていたので、アイシングの上に乗せてミントを飾ってみました。
粉糖を茶こしでパラパラと掛けると綺麗に仕上がります。

断面はこんな感じです。

大粒いちご使用例

こちらは、昨年(2021)インスタに投稿した時の画像です、大粒のいちごを使ったのでカットして作りました。
アイシングは粉糖をお水で溶かしたものを上に掛けてあります。

専用のマフィン型に紙を敷き焼きました、こちらは2倍の量で焼いてます。

いちごパウダーを混ぜなくても美味しく出来ます。

ティータイム

焼き菓子はテータイムにピッタリです。
ティーセットはウエッジウッドのオズボーンです。

紅茶はベノアのダージリンです、香り豊かでとても美味しい紅茶です。

ベノア・ファインダージリンティーです。
少し緑がかった茶葉も含まれています。

最後に

生のいちごを使ったマフィン、いかがでしょうか。
甘酸っぱいいちごと甘いアイシングがとても良く合います。

いちごの季節に作りたいお菓子です、ぜひお試しください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

インスタでも投稿してますので良かったらご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました